S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>



<< 一生懸命がいい | | 夏休み8月 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | スポンサードリンク | | cm (0) | tb (0) |
みんなが一生懸命なんだよね
夏休み、忙しさが半端ない。
毎年のことといいながらも、やっぱり、その年にある忙しさの色合いは微妙に違う。
今年は、いつもより小学生が頑張っている。
そのため、中3の懇談は、保護者に無理を承知で授業終了がにお願いしている。

22時半、懇談開始。


先日も、中3生の男の子とお母さんと一緒に話をさせてもらった。
この時、一番感じたことは・・・


子どもが自分の人生の道を一生懸命に歩いて行くのは当たり前。
山あり谷ありの砂利道であっても、決してその歩みを止めずに
ひたすら歩み進んでいくのは、子どもであっても当然のこと。

だからこそ、大切になるのは、いつもそばにいる親の伴走。
引っ張るばかりでも、任せっぱなしでも、いけない。
子どもの状態をみながら、時には、厳しく、時には包み込む愛情で
いつも子どものそばにいて、ともに、歩み、伴走していく。


これが、子どもの力を伸ばす、子どもの心を強くするには一番大切なことだということを
今一度、しっかり思いなおすことができた。

そのお母さんは、とにかく、一生懸命だった。
その一生懸命も、単なるおしつけの一生懸命ではなく、子どもを第一に考えた一生懸命さだった。
私は、このお母さんの一生懸命さがとても好きだ。
親の一生懸命は、その方法を見間違えると、子どもにとっては全く違うものになる。
そので、食い違いがおこり、喧嘩につながることもある。
親子だからこそ難しいことも多い。
そんなとき、私が潤滑油となれたらと思っている。

話がそれたが、そのお母さん、懇談の後から
家で、社会の「お母さんテスト」なるものが実施されているらしい。
この親と子の空間、時間、これに勝る強みはないと思う。本当に素晴らしい。
お母さんも一緒になって、お勉強する姿は、きっと子どもにとっても励みになるはずだ。


いろいろな一生懸命があるが、こうやって、ともに歩んでいく一生懸命は大好きだ。
そう言えば、毎年、この一生懸命が持ってきてくれる涙は、いい涙だったなぁ・・・
今年もきっといい涙になるはずだ。


 さぁ〜頑張ることを息長く続けていこう! Rすけ!(^^)!
- | karinn1215 | 18:34 | cm (0) | tb (0) |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 18:34 | cm (0) | tb (0) |
 COMMENT
 POST A COMMENT